カードローンで苦しまない返済方法

まったくお金がないときにカードローンの返済期日がきてしまった場合、金策に走ることになります。友人や知人に借りたり、あるいは手持ちの物を質屋やリサイクルショップに売ってお金を作るといった形になりますが、一回だけならともかく、何回も続くとなると大変ですし、精神的にも追い詰められていきます。では、お金がない場合でも苦しまずに行う返済方法はあるのでしょうか。
まず、考えられるのは利息のみの返済です。たとえば、10万円を借り入れた場合、年利が18パーセントだとすると、一ヶ月辺りの利息は1500円です。もし、毎月の最低返済額が3000円だった場合は半分、5000円だった場合は3分の1程度の負担で返済をクリアすることができます。元金を返せないまま、利息だけを返していくとトータルの返済額は増えますが、収入が少ない時期をしのぐ方法としては有効です。通常の返済が難しいときにカードローン会社に相談すると、提案してくるのもこの方法です。
数回分の返済だけをしのぎたいというのであれば、借りたお金で返すというのも一つの方法です。たとえば現在の債務が30万円ほどで利用限度額が50万円であれば、20万円の余裕があります。この20万円から返済に必要な分だけを借りるわけです。この方法だと、誰かに頼んだり、物を売ったりすることなくお金を作ることができるので、かなり楽に返済をクリアすることができます。
ただ、収入がずっとないまま、借りたお金での返済を続けていると確実に破綻してしまうので、あくまでも特定の期間だけしのぎたいときに使うようにしましょう。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php