不動産売却時の圧縮記帳とは

企業が事業用に使用していた不動産を売却する際には、売却益か売却損が発生することがよくあります。簿価と異なる金額で売却することが多いためです。また、国や地方公共団体から補助金や助成金などの支給を受けて不動産を購入することもあるでしょう。そういった場合には、圧縮記帳の方法で仕訳をしています。圧縮記帳は補助金や助成金の分を簿価から差し引くやり方です補助金や助成金の部分が課税対象にならないようにするために行います。固定資産圧縮損という勘定科目を使用して、簿価を実際の購入価額よりも少なくするというやり方です。
そして、圧縮記帳の方法で不動産を帳簿に記録している場合には、不動産売却をするときにも通常とは異なる会計処理をしなければなりません。簿価が実際の購入価額よりも低くなっているためです。その状態で、不動産売却をした場合には、適正な価格で売却すれば、かなり大きな売却益が出ることになります。売却益は収益として扱われるため、課税対象になるのです。そのため、税負担が重くなってしまいます。そうなると、補助金や助成金を支給する趣旨と反するため、簿価を圧縮前に戻す必要があるのです。
この処理を行わずに不動産売却をした場合には、利益が多く計上することになり、株主総会などで、修正を求められることも少なくありません。そのため、圧縮記帳をしている土地や建物を売却する際には、簿価を戻すタメの処理を忘れないようにしましょう。

カードローンで苦しまない返済方法

まったくお金がないときにカードローンの返済期日がきてしまった場合、金策に走ることになります。友人や知人に借りたり、あるいは手持ちの物を質屋やリサイクルショップに売ってお金を作るといった形になりますが、一回だけならともかく、何回も続くとなると大変ですし、精神的にも追い詰められていきます。では、お金がない場合でも苦しまずに行う返済方法はあるのでしょうか。
まず、考えられるのは利息のみの返済です。たとえば、10万円を借り入れた場合、年利が18パーセントだとすると、一ヶ月辺りの利息は1500円です。もし、毎月の最低返済額が3000円だった場合は半分、5000円だった場合は3分の1程度の負担で返済をクリアすることができます。元金を返せないまま、利息だけを返していくとトータルの返済額は増えますが、収入が少ない時期をしのぐ方法としては有効です。通常の返済が難しいときにカードローン会社に相談すると、提案してくるのもこの方法です。
数回分の返済だけをしのぎたいというのであれば、借りたお金で返すというのも一つの方法です。たとえば現在の債務が30万円ほどで利用限度額が50万円であれば、20万円の余裕があります。この20万円から返済に必要な分だけを借りるわけです。この方法だと、誰かに頼んだり、物を売ったりすることなくお金を作ることができるので、かなり楽に返済をクリアすることができます。
ただ、収入がずっとないまま、借りたお金での返済を続けていると確実に破綻してしまうので、あくまでも特定の期間だけしのぎたいときに使うようにしましょう。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php

知って置きたいキャッシング金融と金利

過払い金請求が金融業界に多大な損害を与えた時代から数年、多くの金融会社が厳しい経営状態の時代を乗り切り、顧客獲得の時代へと移行しています。その為、大手の金融各社をはじめ、利用する方が計画性とあくまでも借金をしているという自覚を持っていれば非常にお得に融資を受けることができるキャンペーンを展開しています。主にキャッシングに力を入れているキャッシング金融の会社は特に様々なキャンペーンを展開している会社が多く、いわゆる消費者金融会社と呼ばれるキャッシング金融は、一度失ってしまった顧客の数を再び取り戻しつつあります。そこで、初めてキャッシングを利用しようとしている方に知っておかなければならない知識をいくつか紹介します。
金利についてですが、消費者金融会社など信販系の会社の金利上限は、年率約20%程度です。これはあくまでも最大の金利ですので、返済が遅れるなどの遅延損害金などにこの金利が適用されます。通常の金利は18%ぐらいと思っていれば良いです。銀行系の金融機関のカードローンなどは、少し低く、15%ぐらいが一般的です。この金利ですが、金融会社によっては、初めて利用する方限定で一定期間の間に返済をすればその間の金利分は無料というキャンペーンがあります。期間は、会社によって様々ですが、1ヶ月に設定している会社が多いです。借入日から一ヶ月以内に元金の全額を返済すれば、元金以上の金額を返済する必要はないので、非常に便利です。オリックス銀行ローンの金利についても調べてみましょう。

アコムのよくある質問

即日キャッシングを始めたいけど消費者金融のイメージとして怖いとか、知合いにわかってしまうのが嫌だなどの不安が有るなど、よくある質問などを見てもいまだに多いと思われますが、そのような心配は不要で安心して利用できるのがアコムです。

アコムは大手消費者金融と呼ばれ、消費者金融の中でも総合ランキングなどを見ても常に3位以内に入りほとんど1位を維持しているという事は利用者も多く、評判がいいといえますし、多くの人が利用しているという事は安心して利用できるともいえます。

はじめてアコムを利用する前に、いちどアコムに電話を入れてみるとわかりますがオペレーターの対応が非常に親切で、こちらの話をよく聞いてくれ利用についての不安や疑問点をわかりやすく説明してもらえますので「ちょっと聞いてみようかな?」と思った時は気軽な気持ちで電話をしてみればよくわかると思います。

よくある質問には申し込み方法や返済についての質問も見受けられますが、多種多様にわたる申込み方法があり、急にお金が必要になった時など即日融資が出来る方法を選べばその日のうちに借入ができるので、借入れの目的や生活状況にあわせた申込みができます。

また返済途中では、忙しくて返済日を忘れてしまう人がないように返済3日前、当日にeメールを使って返済日を教えてもらえるなどのサービスもあり、申込みから返済まで利用者の立場にたったサービスを提供してくれているのがアコムといえるでしょう。